【参加費無料・当日参加OK】8/5、6は地黄+野間エリアへ!

地黄+野間エリア

いよいよ本日より2日間、地黄+野間エリアにてのせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭が開催です!
ご予約なしでも当日参加が可能ですので、ぜひ遊びにいらしてください!

先週に引続き、今後なかなか体験できないワークショップが目白押しです。
もうすでに一部ワークショップでは定員になってしまっているものも出ていますが、まだ参加枠に空きがあるものもあります。まだ参加枠のあるワークショップについて、アートプロデューサー:Yottaの2人の紹介文でご紹介していきたいと思います。

まずは、「頭の中の工作」の淀川テクニックさん。
http://www.noseden-artline.com/2017/event/03_art01-2/

淀川テクニッックは、国内外でゴミから彫刻作品をつくるというプロジェクトを行っている作家さんです。
関西でも、結構展示をしているので作品を見たことある人は多いと思うのですが、今回のワークショップはゴミを使いません。ただ、何を使って何を作るかは秘密ということで、是非楽しみに来ていただければと思います。
柴田くんの頭の中がこのワークショップで見ることができると思います。

ワークショップの後は柴田くん手製のうどんも食べれます!かなり美味しいのでこのために来てくれてもいいと本人も言ってました。是非是非週末ご参加ください。
ちなみにうどんは1日目だけです!
(木崎公隆)

 
淀川テクニックさんのワークショップは、5日はもう定員間近ですので、もし参加をご検討されていましたら、6日にご来場いただければと思います!
 
 
次は、「地黄を撮ろう」の村川拓也さん。
http://www.noseden-artline.com/2017/event/03_art02/

村川さんは、ドキュメンタリーやフィールドワークの作法で、舞台上や映像上で表現する演出家・映像作家です。俳優ではない人を舞台上にあげたり、インタビューを舞台上で行うなど、“ありのままの姿”を観客に見せ、多角度的な思考を誘発する作品を多数作られています。海外での発表が多く、KYOTO EXPERIMENT 2017での新作も楽しみなアーティストです。

今回のワークショップ「地黄を取ろう」は、その昔、映画上映場所としても使われていた「地黄公会堂」で、“映画”のワークショップをします。しかし、やはり、普通に“映画”を撮るわけではありません。映画(ドキュメンタリー)の手法をもって、歴史深い地黄の地を撮影します。映画やビデオカメラに詳しくなくても、もちろん大丈夫です。演技も必要ありません。方法は至って簡単。(あるルールの下で)ビデオカメラを地黄の地に向けるだけです。

記録された映画は、私たちに多角度的な見方、思考を促す事でしょう。地黄公会堂での上映会の後、さっきまでの見慣れた風景が別世界のように見えるかもしれません。
(山脇弘道)

 
少しむずかしい印象のある村川さんですが、用意されているビデオカメラを回すだけで体験できるワークショップになるようです。最後に上映会もありますので、どうぞお気軽にご参加ください。
 
 
そして3人目は、「国宝レプリカをベタベタ触ろう」の小林泰三さん。
http://www.noseden-artline.com/2017/event/02_art03/

小林さんは、日本画が昔はどのように鑑賞していたかなどの鑑賞学を研究されている方です。
今回は、古い酒屋さんをお借りして、超有名な日本画の名画に加え高松塚古墳に入るという体験までできるといった他では経験できないことが行われます。
レプリカなので、触ることはもちろんできますし、昔はろうそくでみていたということを踏まえ、ろうそくでの鑑賞など予定しています。
(木崎公隆)

 
なんと、予定外の「高松塚古墳 石室の壁画」の色彩復元された空間も準備されているとの情報来ております。
小林さんのワークショップは両日とも13:40~15:10 と16:40~18:10の2部制になっていますので、他のワークショップに参加した後、こちらへ回っていただくことも可能です。関西での開催は初めてのことですので、ぜひご来場ください。
 
 
そして、最後は「エレべーター」のズガ・コーサクとクリ・エイトです。
http://www.noseden-artline.com/2017/event/03_art04/

知る人ぞ知る、関西アート界(あるのかわわからないけど)のリーサルウェポンだと僕は思うのですが。
とにかく、すべてが手作り。名前の通りすごい図画工作世界を作り出されます。これは見たことないなぁというものが見れることは間違いないです。
今回、すでに1ヶ月前から制作に入っておられるのですが何を作っているかというとエレベーターだそうです。

能勢の山にエレベーター……。正直謎すぎで本当に楽しみです。ズガクリさんの映像はyoutubeにも上がってるのですが、とにかく空気感がなんとも言えない感じです。

皆様も是非見に来てもらえればと思います。1日目は公開制作、2日目はそのエレベーターを町に持ち出して周りを巻き込むパフォーマンスです。結構物量があるようで、皆様に手伝ってもらわないと移動できないという話も聞いているので是非是非参加して下さい。
(木崎公隆)

ズガ・コーサクとクリ・エイトさんの6日の参加型パフォーマンスはかなり大掛かりになりそうな予感!ぜひ目撃しに来てください!(雨の場合は室内でのパフォーマンスになるとのこと。雨が降りませんように!)

他にもローカルワークショップも2本ありますが、こちらはほぼ定員に達している状況です。ありがとうございます!

さらに5日夜は懇親会を地黄公会堂で開催いたします!どなたでも参加可能ですので、ぜひ遊びにいらしてください。
http://www.noseden-artline.com/2017/news/0805jiokokaido/

また当日のインフォメーションは、けやきの里にございます。
前田文化の「熱中症Fighter」もこちらへ出現中ですので、ぜひけやきの里へもご来場くださいませ。
みなさんにお会い出来ることを楽しみにしています!

関連記事一覧

  1. 黒川+吉川エリア
  2. 地黄・野間の夕焼け
  3. 7/29、30ワークショップ
  4. 0705吉川小学校WS01
  5. 吉川自治会住民集会
PAGE TOP