堀尾 貞治 +現場芸術集団「空気」

あたりまえのこと - 芸術にやりすぎはない -

作品画像

あたりまえのこと – 芸術にやりすぎはない –

川西能勢口エリア

三角地がみんなでつくるアートの舞台に。絵の具や風船、水などの様々な素材を使い、既成の美術の枠を超えて表現する参加型パフォーマンス。

【当日の会場についてのご案内】
当日会場のトイレは、川西市市役所北側入り口のトイレを使用することが可能です。場所がわからない方がいらっしゃいましたら、インフォメーションでご案内しております。

※会場に駐車場はございませんので、公共交通機関でのご来場をお願いいたします。

日時 7月22日(土)13:00~16:00
集合場所 三角地
定員 なし
対象 誰でも参加可能( 小学校低学年以下は保護者同伴)
注意事項 動きやすい格好でお越しください。
持ち物 手鏡
参加費 無料
講師
講師

堀尾貞治 [美術家]
1939年神戸生まれ、在住。中学卒業後に就職し、定年退職まで働きながら美術家として活躍。1966年「具体美術協会」に参加し、具体解散後も旺盛な作家活動を展開。1985年頃より「あたりまえのこと」をコンセプトに既成の美術の枠にとらわれない作品を制作。近年は海外での評価も高まり、ヨーロッパを中心に企画展やパフォーマンスを披露。

アクセス

ワークショップを探す

▼条件で絞り込む

エリア

ジャンル

楽しみ方

▼予約ナンバーで検索

PAGE TOP