和田 隆

みつばちの知っている世界

作品画像

みつばちの知っている世界

地黄+野間エリア 予約ナンバー : 3-L2
このワークショップを予約する

けやき資料館前に集合してから、蜜源のあるカラスザンショウの咲く山の麓まで車で移動します。実際に林道を20分程歩いて蜜源地まで行きます。みつばちの巣箱の中を観察したり、蜜絞りの体験を通して、自然との関わり方を学びます。
お昼は、「薪パン 日々」さんが和田さんのはちみつに合うよう特別に作ってくれたパンで新鮮な蜂蜜を試食します。

※ワークショップに参加される方は、能勢けやきの里に駐車することが可能です。
■能勢けやきの里からけやき資料館までの道順

日時 [1]8月5日(土)10:30~16:00 ※途中休憩あり
[2]8月6日(日)10:30~16:00 ※途中休憩あり
※各回ともに内容は同じです。ご都合のよい回をご予約ください。
集合場所 けやき資料館
定員 各15名
対象 誰でも参加可能(小学校低学年以下は保護者同伴)
注意事項 雨天の場合は、室内でワークショップを開催します(蜜源見学中止)
山道を歩くため、帽子(どんなものでもOK)、長ズボン、スニーカーでお越しください。(長袖があればより可)
小川の水の中に足をつけられます。
持ち物 みつばちについての質問を1 つ考えてきてください。
タオル、携帯用の椅子があると便利です(なくてもOK)。
参加費 1,500円 ※「薪パン日々」昼食代含む
タイムスケジュール 10:30 けやき資料館前に集合 注意事項などを説明して、移動
—– ワークショップ開始! —–
蜂は、生物として約2億年も続く人間よりもはるかに長い歴史をもつと言われています。みつばちの生態に触れながら、「自然」と「生き物と環境」について学び、持続可能な社会について考えます。
15:30 ワークショップ終了
16:00 けやき資料館前で解散
講師

和田 隆 [養蜂家]
みつばちと付き合い8年。みつばちの発する音、匂い、動き、表情、などの季節や天候、時間帯での違いや、植物とともに進化してきた歴史など、生態の奥行きと広がりに魅了され、一般の方に向けて、みつばちの営みに触れながら自然と生き物と環境について考えるワークショップなどの活動も行う。持続可能な社会へのヒントをたくさんの人に伝えている。

アクセス

最寄り駅からのけやき資料館へのアクセス:能勢電鉄妙見線「妙見口」駅で下車し、阪急バス 奥田橋/能勢町宿野行に乗り換え「本滝口」停留所で下車、徒歩で約7分
■阪急バス「妙見口駅」停留所 時刻表
■阪急バス「本滝口」停留所 時刻表

お申し込み
ご予約いただく際のご注意点

小学生以下のお子様がワークショップに参加する場合、お申込み手続きは付添いの保護者の方が行ってください。
ただし、ご予約はお子様のお名前でご登録いただき、保護者のお名前でお申込みされないようご注意ください。
また、ご予約の際は、付添い保護者のお名前を自由記入欄に忘れずにご記入ください。

個人情報の取り扱いについて

こちらのフォームより収集した個人情報を第三者に提供、または預託することはございません。
また、下記の目的のみに使用し、他の目的には使用いたしません。
・お問い合わせに対してのご連絡
・ワークショップ当日の出席確認
・宿泊が必要な場合の手配
※地黄・野間エリアの「3-L1 種が伝えるメッセージ」のワークショップに参加される方のみの手配になります。

詳細は「プライバシーポリシー」をご覧いただき、同意の上ご送信ください。

ワークショップを探す

▼条件で絞り込む

エリア

ジャンル

楽しみ方

▼予約ナンバーで検索

PAGE TOP