のせでんアートライン2017が開幕しました!

オープニングレセプション

のせでんアートラインがスタートいたしました!
7/22(土)〜23(日)の2日間にわたり、川西能勢口の三角地にてたくさんのワークショップが開催されました。
初日は炎天下にもかかわらず、2日間ともたくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました!

堀尾貞治
最初は堀尾貞治氏のパフォーマンスから始まり、プログラムが次々に進んでいきます。時折歓声があがったり、作品の中で遊ぶことのできる楽しさを、ご来場いただいたみなさんが体感してらっしゃいました。

前田文化 公開制作
またその横では、前田文化の「移動する住処を作ろう」が着実にできあがっていきます。とても大きな作品で行き交う人たちがみなさんとても興味深そうに見てらっしゃったのが印象的でした。

そして、夕方からはいよいよオープニングレセプション。川西市長や各町からの代表の皆様にご挨拶をいただきました。おそろいの白いハッピは堀尾氏が背中に文字を描いたオリジナルハッピです。
その後は、「街はカーニバル!!プロジェクト」のみなさんが用意してくださった生ビールなどいただきながら、ざっくばらんに交流会を行いこれからの1ヶ月間を力を合わせて頑張っていこう!という決意を固めたのでした。

現場芸術集団「空気」
そして、2日目には現場芸術集団「空気」のみなさんのパフォーマンス大会。短いパフォーマンスが次々に始まり、小さなお客様がとても楽しそうに参加されていました。
終盤には三角地を飛び出し、川西市役所の前でもパフォーマンスを行い、たくさんの笑顔があふれる空間を作っておられました。

前田文化 ワークショップ
前田文化さんは作品がしっかり(?)できあがり、参加者の方を巻き込んでのワークショップ!というか、パフォーマンス?
自転車をこぐと、扇風機が回り、音楽が鳴り出します。熱中症にならないための扇風機なんだそうです。音楽が鳴り出すと会場全体のお祭りムードが最高潮に!
のせでんアートラインは芸術祭という名のお祭りなんだなと、改めて実感しました。

妙見★時空マップ
そして会場内には全日程、全エリアで開催されている「妙見★時空マップ」も設置されています。
こちらもたくさんの方の思い出とともに新しい小宇宙マップを作るという作品です。ぜひ各会場でご参加ください。


また「川西まちなか美術館きんたくんギャラリー」も同時開催でした。チョークで会場のあちこちに絵を描いて会場を彩ってくださいました。

そんなとても熱い暑い2日間でした。
ご来場くださったたくさんの皆様、このイベント開催にご尽力いただきました関係者の皆様、応援してくださっている皆様、気にかけてくださっている皆様、本当にありがとうございました。
とても良いスタートが切れたのは皆様のおかげです。事務局スタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。

しかし、ここからがスタートです。来週からもすごいワークショップが目白押しですので、どうぞみなさまどしどしご予約くださいませ!
まずは来週末の黒川+吉川エリアです!詳しくはこちらからどうぞ>>黒川+吉川エリア紹介

【当日のさらに詳しい様子はこちらをご覧ください!動画も観られます!】
■のせでんアートライン公式Instagram

関連記事一覧

  1. 夕焼け
  2. 吉川自治会住民集会
  3. 珈琲ワークショップ
  4. 0705吉川小学校WS01
  5. 地黄・野間の夕焼け
PAGE TOP